一般の皆様

介護保険制度

高齢化が急速に進行している中で,介護を必要とする人が増える一方,介護する人の高齢化も進み、家族だけで介護を行うことは非常に難しくなっています。
介護保険は、介護が必要となったとき、心身の状況や生活環境等に応じて自らがサービスを選択し、できる限り自宅で自立した日常生活をおくることを目指します。
市町村を保険者として、国民共通の問題である介護を、40歳以上の国民が費用を公平に 負担をし、みんなで支え合う制度です。

仕組み

 

map2.gif

◆対象となる人

 1 第1号被保険者(65歳以上の方)日常生活をおくるために介護や支援が必要になり、市町村の認定を受けた人です。  

2 第2号被保険者(40歳以上65歳未満の医療保険に加入している人)老化にともなう病気により介護や支援が必要になり、市町村の認定を受けた人です。

◆介護保険被保険者証(保険証) 

65歳以上の人は全員に、40歳以上65歳未満の人は認定を受けた人などに保険証が交付されます。
※お医者さんにかかるときに使う医療保険の保険証とは別に交付されます。

◆保険料 

1 第1号被保険者(65歳以上の方)   
所得に応じて市町村ごとに決められ、老齢(退職)年金を受給し、その月額が1万5千円以上の人は年金から天引きされ、月額1万5千円未満の人は市町村へ納めます。  

2 第2号被保険者(40歳以上65歳未満の医療保険に加入している人)
加入している医療保険の算定基準に基づき決められ、現在、支払っている医療保険料に上乗せして納めます。

◆利用者負担

介護保険のサービスを利用した場合、利用者はかかった費用の1割を負担します。
また、施設入所の場合、費用の1割のほかに食費の一部も負担します。

詳しくは、お住まいの市町村の担当窓口にお尋ねください。





上へ戻る