一般の皆様

障害者自立支援

障害者が、安心して暮らせる社会を実現するため「障害者自立支援法」が成立しました。平成15年4月から支援費制度がはじまり、従来の措置制度から大きく転換しました。
 しかし、支援費制度は制度上多くの問題があり、「障害者自立支援法」が設立し、平成18年10月1日より障害者福祉サービスの新しい体系として全面施行されました。

 

仕組み

国保連合会は、市町村からの委託を受け障害者自立支援給付費の支払業務を行っています。

map1.gif

◆国保連合会の役割

 障害福祉サービスを提供した事業者は利用者から利用者負担額を徴収し、障害福祉サービスの費用額から利用者負担額を引いた額を市町村に障害者自立支援給付費として請求します。しかし、それぞれの事業者が個別に市町村に請求する場合、請求と支払の関係が複雑になります。
 そこで、国保連合会が市町村からの委託を受けて障害者自立支援給付費の支払を行うことにより、事業者等と市町村それぞれの事務負担の軽減を図ります。





上へ戻る